訪問歯科診療 Visiting Dental Service

ホーム >> 訪問歯科診療

地域連携について

医療機関との連携

近年高齢化の進展に伴う慢性疾患の増加により、有病者が多くなりました。
また、高度化し、専門分化した医療により私たちの歯科診療所においてもよりよい診療のため、患者さんに関する医療上の情報を得るため、多くの医療機関、福祉介護施設等と連携する必要が生じてまいりました。
具体的には、睡眠時無呼吸症候群によるマウスピース療法、また糖尿病の合併症にも含まれる歯周病治療、がん患者の口腔ケア、予防や介護そして在宅とも連携した患者中心の医療を行うための「医療の連携」が必要とされるようになりました。
本会では関連医療機関の講師を招き講習会を定期的に開催して、会員の知識と技術の向上に取り組んでいます。

【無呼吸症候群について】

睡眠時スプリント病院や内科にて診断を受けた後、歯科に紹介されます。
歯科ではマウスピース療法という比較的簡単な治療器具がありますので、器具を装着すると気道が開き空気が良く通るので、いびきや無呼吸が止まります。
本会HPで対応している歯科医院を検索できます。

【歯周病と全身疾患との関わり】

歯周病菌がつくる毒素や炎症を引き起こす物質は、歯周病の病巣から血液中に入り、全身に影響を及ぼす可能性があります。
実際これまでにも、口の中の慢性的な炎症や歯周病菌と、糖尿病や心筋梗塞、肺炎、低体重児出産――などとの関連性が報告されています。
特に糖尿病に関しては最近「糖尿病連携パスポート」が作成され医科、歯科との連携の強化を図るように取り組んできました。

歯周病と糖尿病との関わり糖尿病連携手帳

厚木市・愛川町・清川村との連携

当歯科医師会からは厚木市、愛川町、清川村の介護認定審査委員に歯科医師を推薦しており、また介護予防については「高齢者のための介護予防講座」への講師派遣を行うことで、より快適な生活をおくれるように歯科的な立場から指導を行っています。

厚木保健福祉事務所との連携

対応の難しい「難病等の重度障がい者に対する訪問診療、訪問衛生指導」についても対応予定です。

TOPへ