救急医療 Emergency care

ホーム >> 救急医療

災害訓練

厚木市総合防災訓練

厚木歯科医師会は厚木市総合防災訓練に参加し、防災時の歯科救護と検視に関する連携を行っています。2012年9月2日(日)の訓練では、救急医療委員会のメンバーの歯科救護班、警察協力歯科医の多数遺体身元確認班に分けて、同時進行できる組織化を今年の目標としました。

厚木市総合防災訓練2012年の写真

2010年の訓練では厚木会場は厚木市中央公園歯科救護テントを中心に活動しました。愛川会場は愛川町河川敷で歯科救護と検視に関する訓練を行いました。

厚木市総合防災訓練2010年の写真

災害に備えた多数遺体の身元確認訓練

災害訓練

厚木歯科医師会では、数年前より 「災害時多数遺体身元確認訓練」の実施を企画要望して参りました。不幸にも3.11東日本大震災が起こり、多くの身元不明者が出ましたが、歯型やレントゲン写真などの歯科的手法が有効でした。本会はこのような被災地での経験をふまえ、全国に先がけて災害時多数遺体身元確認訓練を企画し、地域に呼びかけ同年10月6日に訓練を実施致しました。

神奈川県警厚木署、鶴見大学法医歯学教室、東海大学法医学部、厚木医師会、厚木薬剤師会、葬祭業者、消防関係者、厚木市、愛川町、清川村、災害ボランティアネットワークなど多くの団体の参加協力を得て訓練を実施しました。警察による検視、医師による検案、歯科医師による歯型照合身元確認、葬祭業者による納棺、行政の書式手続きなど、各専門部署の業務内容の確認とそれらを繋げる導線の確認が行われました。

当日はNHKや朝日新聞社、神奈川新聞社、厚木伊勢原ケーブルTVなどの取材も受け広く報道され反響を頂きました。ご協力を頂きました地域関係者の皆様には心より感謝申し上げます。有難うございました。

今後も、救急歯科医療対応強化に向け、市民の皆様への安全安心を充実させていく予定です。どうぞ皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

2012年9月2日(日)の多数遺体の身元確認訓練厚木市総合防災訓練2012年度訓練写真

災害訓練2010年度訓練写真

TOPへ